読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小島アジコの落書き置き場

おもに幻想再帰のアリュージョニスト、ゆらぎの神話関連の落書きを上げています。

スポンサードリンク

美戦九姫

言理の妖精語りて曰く、ここでないどこかに、9人の魔法少女がありました。魔法少女たち魔法少女である前に美戦九姫というアイドルグループでした。アイドルグループといっても、地下アイドルだったので、週末は、既成の曲を歌ったライブのあとの握手会や、ハグ会などの接触イベントで忙しい日々を送っていました。また地下アイドルの給料は安いので、彼女たちは、毎日別のところでバイトをしていました。9人のうち、1人が中学生で、5人が高校生、1人が大学生、2人が社会人でした。また、9人のうちひとりは男の子でした。
彼女たちの事務所には、別に男性三人のアイドルグループがいました。
ウィータスティカという名前の彼らは、一部でマニアックな人気がありました。どうにもBLくさいのです。あと全員頭がおかしかったので、よく、無意味に全裸になったり、乳首を光らせたりしていました。どう見ても変態くさいのも一人混じっていました。そこもマニアックな人気の秘密でした。
美戦九姫のリーダーであるシャスクハナは、「私たちも彼らを見習って乳首を光らせたりしましょう」と提案しました。社会人で四捨五入すると30だった彼女にはもう後がなかったのです。
それを聞いたビアレーデは、「いいえ彼らの魅力はBLくさいところです、よって我々も百合営業をしましょう」。ヒアレーデは同人誌即売会に出入りする腐女子でしたので、彼らの魅力をそう分析しました。また、こっそりと彼らの同人誌も作っていました。
フェイフリーンとアシッピールはまんざらでもなかったので賛成しました。
フラウダウスは男の娘だったので、その提案にドキドキしていました。
オルフィレイアは中学生だったので、なんのことだかよくわかっていませんでした。
メライクとガルータヤルはアイドルになる前はヤンキーでしたので、その習性から姉貴分のいうことには、絶対に忠誠を誓うつもりでしたが、メライクは心の中で男の娘であるフラウダウスのことが好きでしたので、百合営業提案について、複雑な思いでしたし、キャラ的に自分はガルータヤルとカップリングを組まされるんだろうな、と思うと、なんとなく憂鬱でした。
こんな答えの出ないやり取りをしながら、彼女たちの楽屋での時間は過ぎていくのでした。
実は、メライクもこう見えて腐女子で、同人誌即売会で何度ヒアレーデとニアミスをしているのですが、逆カプなのと、いつもと全く違うロリ系のキャラクターのコスプレをしていたので、ばれることはありませんでしたが、なんとなくその醸し出す臭いから「(こいつもしかして腐女子じゃねーえの?)」と疑われていました。
そんな彼女たちも魔法少女ではあったので、普段は、呼び出しがあると魔法少女としてよくわからない悪の手先と戦っていました。悪の手先は三人組の男で、なんとなく、ウィータスティカの三人組と似ていましたが、あんまり深く考えないことにしました。魔法少女は9人もいるんだし、下手をしたら変身バンクさえ削られてしまうので、自分の尺をもらうのに必死なのでした。
彼女たちは忙しく、アイドルと、バイトと、魔法少女の三重生活を送っていました。
ある時、美戦九姫の9人の中に非処女がいるという噂がたちました。この時代、非処女のアイドルは火あぶりです。皆がわたしではないと主張しました。四捨五入すると30のシャスクハナは必死で否定しましたが、みんな(まあそうだろうな)と思いました。シャスクハナは泣きました。フェイフリーンはなぜか処女であるか処女でないかを歌声で判断する能力の持ち主でしたがそれを秘密にしていたので、誰が非処女かわかっていても秘密にしていました。実際のところ、9人中8人が非処女でした。フラウダウス(男の娘)も非処女でした。
ガルータヤルはヤンキー的な判別法を提案しました。煮えた鍋の中にペンライトを入れて、それをやけどなくとることができたら処女、やけどをしたら非処女、という判別法です。みんなはガルータヤルは頭がおかしいと思いましたが、こういう時のガルータヤルはやるといったら必ずやる人間なので、みんな渋渋従いました。
煮えた鍋のそこにそれぞれの担当の色のペンライトを入れて、せーの!でとるという方法をとることにしました。煮えた鍋の中に全員で手を突っ込み、しかし、8人がやけどすることなく、ペンライトを取ることができました。
みんな魔法少女で魔法の力で腕を覆っていたのでやけどしなかったのです。バカ正直にそのまま手を突っ込んだ言い出しっぺのガルーダヤルだけが大やけどをしました。ガルーダヤルは泣きながら、そうだわたしが非処女だったんだ、と泣いて謝りましたが、大やけどをして禊はすんだということで、みんなガルーダヤルを許しました。



そんなこんなをしてるうちに、ウィータスティカのメンバーの一人が結婚していて子どももいるということが文春されて、ウィータスティカ解散、事務所がつぶれたので、美戦九姫も解散になった。



美戦九姫 - ゆらぎの神話百科事典
ウィータスティカの三兄弟 - ゆらぎの神話百科事典