読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小島アジコの落書き置き場

おもに幻想再帰のアリュージョニスト、ゆらぎの神話関連の落書きを上げています。

スポンサードリンク

エジプト第1中間期:アリュージョニスト的なもの

エジプト第1中間期 - Wikipedia

 当時の雰囲気を伝える文書として『イプエルの訓戒』[5]と呼ばれる文学作品が知られている。旧秩序の崩壊と社会の混乱を指摘し、現状の変革などを主張するこの文書には、同一の導入句を反復する形式に沿ってエジプトの混乱が描写されている。それによれば門番や職人や洗濯屋が自らの仕事をせず掠奪に出かけており、海上の支配権はクレタ人に奪われ、下エジプトには蛮族が侵入して「エジプト人となった」[6]。掠奪者は至るところに現れ、ナイルが氾濫しても土地を耕すものも無く、貴族たちは嘆き、貧乏人は喜びに満ちた。富も失われ、死者をミイラとするための材料も無く、上エジプトは内戦のために租税を納めなくなった。老人も若者も「死んでしまいたい」と言い、幼児は「産んでくれなければよかったのに」といい自殺者があふれた。呪文は民衆に知れ渡ったために効力を失い、王は民衆によって廃され、貴婦人は筏の上に住み貴族達は強制労働に従事していたという。

おそらく、これもアリュージョニストの引用もとの一つなんだろうなと思うと、最近さんの専門がどこにあるのかわからない。
このブログではアリュージョニストのおそらく元ネタになったやつを調べてメモしていくよ。

生活に疲れた者の魂との対話 - Wikipedia