小島アジコの落書き置き場

おもに幻想再帰のアリュージョニスト、ゆらぎの神話関連の落書きを上げています。

スポンサードリンク

4-16 六人の王さま メモ

幻想再帰のアリュージョニスト - 4-16 六人の王さま

  • カーインの渋面が目の前にあった。
    • いきなりBL展開から始まる。まあ、カーインはアリュージョニストの良心だからな
  • 確証は無いのだが、レオやカーインと初めて関わり合った第六階層の死闘、あの誘拐劇は、最初から茶番だったのではないだろうか。
    • ばれた
  • ヴァージルやアルトが口々に誉めそやすが、忠実なルバーブはエプロンを着けたまま謙遜し、一歩下がってマラードを立てていた。
  • ついてきたカーインが、蜂の子を口に入れて「ほう」と感嘆する。
    • カーインほんと良いやつだな!アリュージョニストの良心。
  • それでもある程度平気だったのは、前世で昆虫食が一般的だったからだろう。
  • 心理的な抵抗感を軽減するために粉末やスティック状にしたものなどがほとんどだが。いずれにせよタンパク源として普通に食していたはずなので、今でも大丈夫だろうと判断したまでである。
    • そういや僕らも、赤色の天然着色料としてカイガラムシの粉末を食べてますね。
  • 動物の血液を利用したブラッドソーセージ
  • 俺は機械の体ゆえに血を作る意味はないのだが
    • なんか気が付けば完全な機械の身体に
  • 「喧嘩はめっ、なんですからねー」
    • あっディスペーダお姉さま!(呉一郎風に)
  • 一瞬にしてネット上に【ルウテト様に『めっ』てされ隊】などというコミュニティが誕生していた
    • あっ僕もコミュニティに入る!
  • (めっちゃ使い魔ノリだー。
    • 使い魔ノリは大切にしていきたい。どこかで実演したい。アリュージョニストファンの集いとかで
  • (ちなみに紫は、朱と藍の色号を複合させたものだよ。両方とも邪視と使い魔の複合呪術で、朱が邪視寄りで人類の集合無意識を利用した夢の呪術。藍が使い魔寄りで血統や種の記憶を利用した記憶の呪術。二つを複合させた紫は人類の根源にアクセス可能な超高等呪術で、失われた秘術なの。未だ完成させた者がいない黄緑ライムの色号と合わせて幻の色号と言われているよ)
    • 色号についての新しい情報が。つーかこの設定だけで、ラノベとかの世界観の一つのターミナルドグマができるのでは。というかカラーズっていう小説を思い出した。おもしろかった。カラーズ〈1〉 (スーパクエスト文庫)
    • 色号、5種ってなってるけど、灰を覗いた4種は白赤青黒で。黄色がない。全色再現できないけどどうするんだろ。でもこれゆらぎの神話由来だしな…。