小島アジコの落書き置き場

おもに幻想再帰のアリュージョニスト、ゆらぎの神話関連の落書きを上げています。

はてな村の有名人にはモノタイピック(単型)が多い

単型 (分類学) - Wikipedia

気ままに追って外来生物 1科1属1種

wikiには

単型であることは、近縁な分類群が存在しないことを意味する。生物は進化の過程で種分化を繰り返すことで多様性を獲得してきたと考えられる。したがって、ある程度の近縁な群が存在することは当然のことと考えられる。それが存在しないのは、例えばその群の多くの分類群が絶滅した場合である。ヒカゲノカズラ植物門などはおそらくこれにあたる。この群にはヒカゲノカズラ類、イワヒバ類、ミズニラ類が含まれるが、それぞれ、科あるいは属のレベルまで単型である。この類は古生代に繁栄したもので、当時は多くの種を有したが大部分が絶滅し、現在見られるのはその生き残りと考えられている。イチョウシーラカンスなどもそれぞれにその類唯一の生き残りである。これらはよく生きた化石といわれる。

ということなので、かつて繁栄したがその周りで同じようにしていた人たちがみんなネットをやめて取り残された人というのもいるのだろう。または、進化の袋小路に至ったか。



また、はてな村以外の有名人、綺羅星の人たちは類似する種族、亜種、類が多い。これは、その種族が現在繁栄している、つまり、それが生存するのに適した環境になっている、という事なんだろう。ただし、それは淘汰、生物の回転も激しいことを意味する。死んで生きて死んで生きて。深海のダイオウグソクムシのように絶食で5年も絶食できるわけではないのだ。


備考メモ

  • 特殊な環境で生きている生き物は、怪物じみた格好をしている。
  • 生態系というのはバランスが取れているモノであると、素人は思いがちだが、“バランスが取れている生態系”のみが残っているだけで、実際は生態系のバランスが一回崩れると、その環境は一気に更地になってしまう。そこに新しい環境が生まれるわけだけれども、更地になるまでの速度があまりにも早いので、長い視点で見るとバランスが取れている生態系がずっと有るように見えるだけだ。