小島アジコの落書き置き場

おもに幻想再帰のアリュージョニスト、ゆらぎの神話関連の落書きを上げています。

いいひと戦略について’(追記

”いいひと”戦略について - orangestarの雑記

  • いいひと戦略、って書いたけれども、T岡田とは関係ない。
    • 書き上げた後のブクマで知った。
  • ゲーム理論、生き残りの行動の戦略で、“常に協調”を選ぶ戦略のことだって勝手に思ってる。
  • 元増田の彼女の行動は、実はいいひと戦略ではなく、実際は、“一回ひどい目にあったらその次は対立”を選ぶという“しっぺ返し戦略”をとっている。
    • (もしかしたらその次もずっと対立を選ぶかもしれないので、いわゆるしっぺ返し戦略とは違うかもしれないけれど)
  • ゲーム理論とからめて、社会人の社会適応の話をもっともらしくブツこともできるけれども流石にそれは牽強付会からしなかった。
  • ブクマで、個人の内面から出る行動だから“戦略”とは違うのでは、ということだったけれども、もともとのイメージとしてあったのは、ゲーム理論の戦略。
    • ゲーム理論の戦略も、内面から出る本質的な行動を、“戦略”としているだけで、あえて選択して行動してる、というのではなかった。
  • ただしイケメンに限る”イケメンっていうのは、顔だけのことではなくて、センスとか雰囲気とか人間関係の距離のつかみ方とか、そういうのも含めての、“人間関係の処世術巧者”の意味で言ったけれども、まあ、ただしイケメンに限る!というとそういう、“顔だけ”の問題としてとらえられてしまうよなあと。
  • 人間関係は、ゲーム理論のような単純な因子(と、それぞれの戦略をとる駒の数)だけでなく、本人と向かい合った相手方の能力差とか、そういういろんなものがからんでくるので単純には言えないよなあ…って思った。
  • 一見、もっともらしく、優位そうな、行動戦略や攻略法については、ちょっと眉に唾をつけないと、と思うタチです。